基本的な知識とは

医者

目的や気をつけること

自傷行為にはいくつかの種類がありますが、刃物を用いる場合や血液は流ませんが首を絞めるような場合もあります。どのような種類であっても病院を利用してしっかりと見てもらった方がよいです。精神科と心療内科などに行くことで、問題を解決することができるようになります。問題を解決する場合には、自分自身で何とかしようと考えている人もいるかもしれません。自分自身で何とかしたい気持ちがあるのは理解できますが、素人的な判断で結果を出そうとしてもなかなかできるわけがありません。少なくとも、その道のベテランの医師などに話しをすることで今までと違ったものが見えてくる可能性があります。このように、気持ちの変化を引き起こすことは病院を利用する立派な目的の一つと言えるでしょう。たいていの人は、精神的にやんでいますので自分の一人で考えていてもネガティブな発想しかできません。そのため、何もせずに放置しておくと余計に精神的なダメージが大きくなり外に出ることすらいやになってしまうかもしれません。自傷行為に対しては、その状態によって先生が違う提案をしてくれます。この場合、一回治療しただけでは結果が出るわけではありませんが何度も通ううちに少しずつ良い結果を出すことができるようになります。うまくいけば、社会復帰ができるようになりますのでしっかりと明確な目的をもって通うべきです。自傷の種類よっても異なりますが、気をつけるべき点としては医者に対して明確に話すことが重要になります。この時の心理的な状況によっては、人によって話しをすることができないことも考えられます。話すこと自体が抵抗となっており自分の心の中の扉を完全に開き切ることができません。また、単純に自分の心の中のことを話すことが恥ずかしいと考えている可能性もあります。このような場合には、せっかく話しを聞いてくれる人がいますので心にあることをすべて話すようにしましょう。薬を飲む時間も気をつけなければなりません。自傷行為の種類によっては、薬が出ない場合もありますが精神的な安定剤を出すことも考えられます。特に、継続的に自傷行為を行っている場合には精神的な安定剤を出す傾向があるでしょう。気持ちが落ち着いていない時や絶望感を感じているような時に自傷行為を行うことが多いからです。このような時、薬を飲むことで精神的に安定させ行為をしないようにする傾向があります。この場合には、決まった量だけ必ず飲むようにすべきです。たくさん飲んでも効果が高くなるわけでもありませんし、薬を飲んでも意味がないと考えて全く飲まないとわざわざ病院にいった意味がなくなってしまいます。

Copyright© 2019 自傷行為の種類を判別して適切対応【認知行動療法を行うのが一般的】 All Rights Reserved.